読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舌の清掃の方法について教えてください。

口臭症 治療 は治療必要性 (TN)1 が基本です(図8参照)。その中で最も必須の口臭治療が舌清掃です。舌の清掃道具は大きく分けて舌ブラシと舌ベラがあります。舌ブラシには、さらにワイヤー植毛(捻りブラシ)とプラスチック植毛さらに軟性プラスチックブラシがあります。この中から選択することになりますが、効果を確かめた研究のある製品が非常に少ないうえ、誤った研究も多く、選ぶのは難しいようです。最も信頼ある研究( Kleinberg ら、 Int Dent J 、 2002 年 ) によれば舌ベラよりブラシの清掃効果が大きいようです。ただし、歯周病予防のための定期健診・歯石除去を習慣化しないかぎり、舌清掃の効果も限られます。この点に注意してください。

f:id:sukaten:20170119160950g:plain

図9にその方法を示しました。舌清掃は朝食直後、歯磨き前に行います。舌を傷つけないため一日に一度だけです。以下に手順を示します(超音波スケーラー)。


1.鏡を見ながら大きく口を開けます。
2.思い切り舌を口の外に出します。いわゆる「アッカンベー」の状態です。こうすることで嘔吐反射(吐きそうになる反射)が予防できます。
3.思い切り舌を出すと、図 9 のように舌が山を作ります。この山の頂上(口と喉の境目)にブラシを当てて下さい。
4.そして、 100g 以下の圧力で前方に掻き出します。 2-3 回ブラッシングしたら流水でブラシを洗浄し、ペースト状の舌苔が取れなくなるまで繰り返します。決して前後にブラッシングしてはいけません、必ず後ろから前方に掻き出します。
5.歯磨きをして終了。歯磨きを最初にすると、かえって口臭が強くなることもあります(コントラアングル)。

舌清掃時の嘔吐反射の予防

・舌を決して引っ込めない
・舌の山の頂上にブラシを当てる
・必ず後ろから前方に掻きだす
・歯みがきの前に行う