何で歯茎が腫れる前に歯医者さんに行くことが大切

リドカインは、細胞膜の「ナトリウムチャネル」という部分で作用します。リドカインはナトリウムチャネルと結合し、ナトリウムイオンの移動を妨害する性質を持っています。簡単に言うならば、「ナトリウムチャネルという場所を封鎖する」わけです。ナトリウムチャネルが封鎖されると、神経伝達ができなくなり、痛みを感じなくなります。

さて、リドカインには「塩基型リドカイン」と「陽イオン型リドカイン」の2種類があります。簡単に区別するなら、「H+(プロトン)」という物質を持っていないのが塩基型、持っているのが陽イオン型です。注射する段階のリドカインは「塩酸リドカイン」という物質で、これは体内で塩基型リドカインに変わります。つまり、麻酔薬として用いられるのは、実質的に塩基型リドカインです。(光重合照射器

局所麻酔―リドカインは、2通りの経路で作用していきます。1つは「細胞膜に入ったあと、細胞膜から、ナトリウムチャネルに移動する」という経路です。この経路を「疎水性経路(そすいせいけいろ」といいます。

もう1つは、「細胞膜を通過して細胞質(細胞の中身)に入ってから、ナトリウムチャネルに移動する」という経路になります。こちらは「親水性経路(しんすいせいけいろ)」と呼びます。親水性経路を通った場合、細胞質の中で「H+(プロトン)」という物質を受け取り、陽イオン型リドカインに変化します。

f:id:sukaten:20170622115742j:plain

どちらの経路をたどるとしても、最初に細胞膜に入らなければいけません。しかし、脂質膜である細胞膜に入り込めるのは、塩基型リドカインだけです。陽イオン型リドカインは、細胞膜に入ることができません。
(細胞の中に入ってから陽イオン型リドカインに変化する分には問題なし)

だから、「少なくとも細胞膜に入りこむ段階では、塩基型リドカインであることが、麻酔として作用するための条件」となります。しかし、炎症が起きている場所は、「アシドーシス」といって「物質を酸性にする働き」があります。「酸性にする」というのは、薬学的には「H+(プロトン)」を追加するという意味です。ですから、炎症が起きている場所に入ると、塩基型リドカインは陽イオン型リドカインに変化してしまいます。(歯科用開口器

大半のリドカインが陽イオン型に変化すると、「細胞膜に入りこんでナトリウムチャネルを目指す」という当初の目的が果たせません。陽イオン型リドカインは細胞膜の中に入れないからです。これが、「ひどい炎症が起きていると、麻酔が効きにくい」という現象のメカニズムです。

牛ほほ肉の煮込み

3時間煮込んだとのことで、ナイフが必要ないくらい柔らかく、

フォークで軽く触れるだけで肉繊維がホロホロと崩れていきました。
また肉質も良く、スジっぽさは全くないし、程度な脂感がGood!!
添えられた菊芋のピューレの優しい味が、濃いめの味付けのソースと良いマッチング!

f:id:sukaten:20170609124625j:plain

歯周病と口臭の関係について

1.歯周病と口臭の関連性について

歯周病と口臭には、深い関連性があります。歯周病の人が話すと、周りの人は嫌な臭(にお)いに不快感を示すことでしょう。歯周病になると、歯ぐきからの出血や膿(うみ)・歯に付着した歯垢(しこう)や食べかすが発酵し、我慢できないほどの悪臭が出るからです。確かに、まったく口臭が無い人もいません。しかし、口臭で悩む人の多くは歯周病にかかっているのは事実なのです。

2.歯周病のときの口臭の特徴

歯周病になると、口内細菌が増殖して歯ぐきが炎症を起こし「膿(うみ)」が出ます。炎症があるときの口臭は、「どぶのような臭(にお)い」「腐った玉ねぎのような臭(にお)い」と言われるほどに強烈です。また、口内の食べかすが腐敗して発する臭(にお)いとしては、「腐った卵」のようなものとなります。いずれにしても、顔を背けたくなる臭(にお)いであることに違いありません。(歯科ツール

f:id:sukaten:20170609123921j:plain

3.なぜ歯周病だと口臭が出るのか

歯周病で口臭が発生する原因は、膿(うみ)と食べかすです。歯ぐきが細菌による炎症を起こした結果、膿(うみ)が出ます。膿(うみ)は、血液の白血球が細菌を殺した結果出るものですが強烈な臭(にお)いがあるのです。また、歯周病になると食べかすが溜(た)まりやすくなって腐敗します。すると、腐敗臭がするというわけです。

4.口臭のチェック方法

自分に口臭があるかどうかは、以下の方法でチェックすることができます。

紙コップやビニール袋に息を吐き出してかいでみる
市販の口臭チェッカーを使用する
ほかの人に口臭があるかどうかかいでもらう
自分だとなかなか自分の口臭に気が付かなかったり軽く考えがちだったりします。気のおけない人に評価してもらうのも有効な方法です。(歯科用マイクロモーター

カザンスペシャルフライセット

内容は鹿児島産黒豚トンカツ&ジャンボ有頭エビフライ、サケのフライです。
トンカツは分厚くボリュームもあり、エビフライも特大でした。

f:id:sukaten:20170523154737j:plain

舌苔(ぜったい)と口臭のよくある質問

1.舌苔(ぜったい)を取れば必ず口臭はなくなりますか?

舌苔(ぜったい)は口臭の原因の一つですが、原因のすべてではありません。歯周病歯垢(しこう)、あるいは扁桃腺(へんとうせん)付近にできる膿栓(のうせん)なども原因の一つです。これらが複雑に重なって、口臭というものは発生しています。ですから、舌苔(ぜったい)を取ったからといって必ず口臭がなくなるというわけではありません。

ちなみに、口臭の一番の原因は歯周病です。つまり、口臭対策としては歯のケアが一番大切ということになりますね。

2.舌磨きのタイミングは歯磨きの前と後どっちが正解なのですか?

いろいろなサイトで、舌磨きのタイミングが書かれています。しかし、あるサイトでは「歯磨きの前にやると逆効果」と書かれており、かと思えば「歯磨きの後にやると逆効果」と書いてあるサイトもあって混乱している方も多いでしょう。

このような矛盾が起きてしまうのは、すべて歯磨き粉が原因です。

舌磨きにおいて絶対に避けなければいけないのは歯磨き粉を使った舌磨き。研磨剤などの成分によって舌の表面が傷つき、むしろ舌苔(ぜったい)がつきやすくなってしまうためです。(歯科用バイブレーター

歯磨きをした後は口の中に歯磨き粉の成分が舌に付着しています。ですから、『歯磨き後の舌磨きは駄目』だとなるわけです。しかしながら、口の中が汚れた状態で舌磨きをするのもまた良くないので、『歯磨き前の舌磨きは駄目だ』となります。

つまり、1番いいのは『歯磨きをした後に十分口をゆすいでから舌磨きをする』ことです。最低でも10回ぐらいは口をゆすいで、完全に歯磨き粉の味がしなくなってから、舌磨きを行いましょう。

f:id:sukaten:20170523154340j:plain

3.口臭は歯科医院の治療で治るのですか?

治ります。口臭の原因である歯周病は治療が可能ですし、舌苔(ぜったい)は掃除の仕方を指導してくれるでしょう。また、膿栓(のうせん)に関しても、歯科医院によってやらない場合もありますが除去ができます。

しっかりと治療をし、指導に従ったオーラルケアをすれば必ず口臭は改善されるでしょう。

4.口臭を抑える飲食物はありますか?

口臭は基本的に菌の増殖によって発生します。ですから、殺菌作用のある食べ物を食べることで口臭を和らげることが可能です。

たとえばレモンや梅干しなどの酸っぱい食べ物。酸っぱい食べ物に含まれるクエン酸には強い殺菌効果があるので、口臭を和らげてくれるでしょう。また、酸っぱい食べ物は唾液を分泌させる効果があります。唾液がいっぱい出ると口内環境が良くなるので、この意味でも酸っぱい食べ物はおすすめです。

また、緑茶やウーロン茶などもおすすめします。緑茶やウーロン茶に含まれるカテキンに殺菌や消臭効果があるからです。普段飲むものを緑茶やウーロン茶に変えただけで口臭がぐっと減りますよ。(歯科用マイクロスコープ

また、もちろんのことですがキシリトールガムも効果的です。できるだけキシリトールの含有量が多いガムを選びましょう。できればキシリトール100%が理想です。

5.口臭の強い時間帯はいつですか?

口臭は食後が最も低いとされており、そこから時間がたつほどに強くなります。また、空腹時にも口臭が強くなるでしょう。

つまり、1日の内で食事を取ってから最も時間があき、かつ空腹である寝起きが1番口臭の強い時間帯です。

生ハムとチーズの盛合せ

生ハムやチーズはコクのある白ワインにはぴったりのおつまみですね
美味しくいただきました

この日はあまり時間も無かったので食べたのはここまででしたが
またゆっくり美味しい料理を食べにきたいと思います

f:id:sukaten:20170506124137j:plain

 

虫歯とは菌による感染症です

1.虫歯を作るミュータンス

 

ミュータンス菌は、だ液から感染します。幼い頃保護者の方などから口移しで食べ物を食べたり、同じお箸や、スプーンなどを使用したりしたことで感染してしまうのです。昔は、母親が噛み砕いた食べ物を離乳食代わりにあげているのが普通でしたが、今考えると恐ろしいことですよね。このミュータンス菌がお口の中に一度入り込むと完全に取り除くことはできません。ミュータンス菌は酸を作り出し歯を溶かしていきます。(歯科 超音波スケーラー

f:id:sukaten:20170506123941j:plain

2.虫歯を進行させるラクトバチラス菌

 

ラクトバチラス菌は私たちが普段口にするものに含まれています。炭水化物や砂糖にも含まれています。多く含まれていることで有名なのは乳酸菌飲料です。今は、タブレットなどで販売される程人にとっては必要なラクトバチラス菌。しかし、この菌がミュータンス菌が作り出した溶けた歯を虫歯へと進行させてしまうのです。(歯科治療機器