歯莖出血患者の禁忌食べ物

f:id:sukaten:20161115155655j:plain

歯磨きの時、歯茎から出血してくることはないでしょうか。歯ブラシに血が付いたり、ゆすいだら血がにじんでいたりすると驚きますよね。それは歯周病かもしれません。歯周病は歯茎の腫れや口臭を伴い、体全体にも悪い影響を与えるこわい病気です。実際、歯茎からの出血をすぐに止めることは出来ず、歯周病の治療をすることによって徐々にその量が減ってきます。
歯茎から出血しいる時、食べ物では何か禁忌がありますか。
様々な揚げ物は多くの人の最愛、特に各種ストリートスナック、多くの人はいつも流連荒亡。しかしこの種類の食品、歯ぐきに病の患者にとっては絶対のタブーは、炒めて、破裂するも焼きの食品、歯ぐきの健康被害を引き起こすことをもっと。これは、この種類の食品が十分に咀嚼に役立たないで、長期の食用破損しやすく歯ぐきを招くだけでなく、歯肉炎の症状を同時に可能性もそれによって歯莖の出血。

焼肉、焼きイカなどの食品のほかに、油のような排骨、魚の切り身などもよく食べられない、さもなくばの話の損傷が歯ぐきの健康だけでなく、またダメージを与える全体の口腔の健康(歯科 口腔内カメラ)。

患者は、普段の生活の中には特別な注意、様々なアルコール類飲料はできるだけ飲むことを免れ、ビール、ワイン、焼酎など。これらの酒に含まれるアルコール成分が刺激をリードして局部の炎症、歯ぐきや痛みがひどく。そして、長いお酒も口内粘膜が破損する恐れがあり、それによって誘発口腔潰瘍。

これらはすべて歯齦炎の日常の食事のタブーは、理解の後、普段の生活の中にも特別な注意、それはできるだけ避け食用の様々な刺激性の食品がないように、病気につながる強める(光重合照射器)。

 

今日のお弁当

野菜焼肉
アスパラ、ベーコンの塩炒め
さつまいもの黒蜜煮
卵焼き

f:id:sukaten:20160927164339j:plain

ひどい虫歯の治療法

f:id:sukaten:20160927164027j:plain

1 抜歯の可能性のある治療法

通常、虫歯菌が神経のある「歯髄腔」まで感染している場合は、抜髄が必要になります。また、場合によっては抜歯の可能性もあります。

虫歯で歯を抜く場合は、髄床底(ずいしょうてい)という歯の床にあたる部分まで虫歯になり、このままだと歯が割れてしまうという場合です。

もし、抜歯した場合、失った歯の機能を取り戻すための治療があります。以下で紹介していきます。

部分入れ歯

ブリッジが適用できないが、歯を残したい場合に有効な治療法として、残っている歯に金属などの止めがね(クラスプ)で人工歯を取りつけます(歯科用診療ユニット)。

メリット

取り外しが可能
保険で安価に作れる
ほとんどの症例で有効
デメリット

金属のクラスプをかけるので見た目が悪い
噛む力が弱く、違和感がある
定期的な調節が必要
金属以外のクラスプの場合は保険外となり高価になる
ブリッジ

抜いた歯の両隣の歯を削って土台を作り、橋のように両隣から人工歯でつなげる治療法です。

メリット

保険が適用され安価
見た目もよく違和感が少ない
天然歯とそれほど変わらない
デメリット

土台となる健康な歯を削るため歯の寿命が短くなる
保険の場合は変色しない材料は使用不可で、前から3番目までしか白い材料が使えない
保険外では白い材料が使用できるが高価になるなど
インプラント

人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、上部に義歯をつける治療法です。

メリット

残っている歯に負担がかからない
歯を削らずに治療が可能
デメリット

インプラントを埋め込むための手術を受けなければならない
高額な治療費がかかる
治療期間が長期にわたる場合がある
感染に弱い
2 抜歯しない治療法

抜歯をしなくてもいい状態

歯の中にある神経や血管が通る「歯髄腔」まで虫歯菌が侵入している場合でも、感染の度合いにより抜歯しないことがあります。このような場合は、歯髄(神経)を取り除いて歯の中(根管)をきれいにして消毒する「根管治療」を行います。

神経を取り除かなければならない状態

①虫歯が深く、歯髄(神経)にまで達している

②すでに歯髄(神経)が腐敗している

③歯髄(神経)がひどい炎症を起こし、激しい痛みがある

上記のような状態の場合、歯髄(神経)を取り除いた治療が必要となります。放置すると歯の中に膿が溜まり、突然激しい痛みを感じることもあるため注意が必要です。

根管治療後の治療

根管治療の後の療法を以下で紹介します。

クラウン法

虫歯による歯冠の欠損が大きい場合に適用。根管治療をした8割の人がこの療法を用います。

硬質レジン前装冠:前歯のみ保険内

オールメタルクラウン:奥歯のみ保険内

オールセラミックスクラウン:全額自己負担

CAD/CAM冠

インレー法

奥歯の歯冠の欠損が中程度の場合に適用。前歯に入れることはありません。

レジン法

歯冠の欠損が小さい場合に適用。前歯でも奥歯でも可能。

3 ひどい虫歯でも抜歯をしない最新治療

10年ほど前までは、ひどい虫歯は抜歯して義歯にする方法が主流でしたが、現在ではより多く自分の歯を残すという方向で技術が進んでいます。

クラウンレングスニング治療

クラウンレングスニングとは、歯茎を少し下げて歯茎の下にある健康な「歯根」の部分を出すことで土台となる部分を確保し、歯冠は被せものを作る治療法です。

歯冠がほとんど無くなり歯茎が覆いかぶさった状態になるひどい虫歯では、土台が作れずに抜歯しなければなりませんでした。

しかし、クラウンレングスニング治療を適用すれば、抜歯をせずに治療が可能となります。

エクストルージョン治療

エクストルージョンとは歯科矯正を応用した治療法で、矯正力で歯を引っ張り「歯根」を出すことで土台となる部分を確保し、歯冠は被せものを作る治療法です。

専門医の最新治療と一般医の治療の違い

根管治療の専門医が行う治療法と一般医が行う治療法とでは多少違いがあるので、歯科医を選ぶときの参考にしてください(歯科 口腔内カメラ)。

レントゲン

専門医:3次元のCTレントゲンを使用し、歯の形を正確に診断して治療

一般医:2次元のレントゲンを使用するため、治療の精度は低くなる

治療機材

専門医:マイクロスコープを使用した超精密根管治療

一般医:根の先端部までの距離を測る機械を使用。距離だけを頼りに治療を進めるため、治療期間が長引く

ラバーダム

専門医:根管内に唾液が入ることで感染が悪化することを防ぐラバーダムを使用

一般医:ラバーダムを使用して治療する歯科医もいるが、唾液が根管内に入りやすい環境での治療がまだまだ多い

MTAセメント

歯の再生力が高いMTAセメントは、保険外となるため一般医では使用できないため、ひどい虫歯の場合は根管治療ができなかったり長引いたりすることがある

海へ

でっかい大きく広がる海

どこまでも果てしなく続く海

地球の殆どが海だから

何処へでも海で大陸は

繋がっている

海へ行きと心が落ち着く

海を観てると、もっともっとと・・

f:id:sukaten:20160906120402j:plain

Jinme®歯科用ガッタカッター充電式

Jinme®歯科用ガッタカッター

特徴

・人体工学におけるデザイン、ワイアレス本体治療に操作しやすい。

・加熱スピードはより早く、最高温度260℃

・2400mAh大容量充電電池、充電時間7h以上で、使いながら充電できます。

・カッターは135℃までオートクレーブで滅菌が可能です。

仕様

電源入力:110V/220V±10% 50~60Hz

消費電力:2.5W

充電式バッテリー:2400mAh 1.2V

満充電時間:7h(充電しながら使用可)

加熱温度:260℃(max)

正味:0.35kg

包装サイズ:150*120*35mm

 

包装内容:

メインユニット*1

充電ベース*1

カッター*4

説明書*1

f:id:sukaten:20160906115907j:plain

f:id:sukaten:20160906115919j:plain

f:id:sukaten:20160906115927j:plain

f:id:sukaten:20160906115937p:plain

f:id:sukaten:20160906120000p:plain

 

 

青紫蘇ジュース(健康ドリンク)

友人からたくさん「青紫蘇」をいただきました。私は早速、この季節に相応しい青紫蘇ジュースを作ることにしました。この紫蘇ジュースは疲労回復に効果があり、腸内の細菌増加を防ぐ作用が強く、昔から夏の飲み物として作られているそうです。
 梅雨明けを待つこの季節はとても蒸し暑く、真夏のような暑さが続き、まだ夏の暑さに慣れていないため体調を崩す人が多く見られます。是非この健康ジュースを作ってこの厳しい夏を乗り気ってください。

f:id:sukaten:20160815151145j:plain

【材 料】

青紫蘇  100枚以上
水      1.5リットル
クエン酸  大さじ2杯
砂糖     200g

【作り方】

f:id:sukaten:20160815151333j:plain



① 紫蘇の葉は一枚一枚きれいに洗って、水気を取る。

② 鍋に水1.5リットルを沸かし、砂糖・クエン酸を入れて溶かす。


③ 沸かした中に、紫蘇の葉を入れ、再び沸騰させ、火を止めて冷ます。

④ あら熱がとれたら、紫蘇を縛り出し、空き瓶に入れて冷蔵庫に保存する。

⑤ 氷を入れて、水で3倍くらいに薄めていただく。

しそは栄養価がとても高く 葉のまま食べるよりも ジュースにして摂取した方が より効果的に体に取り込むことができます。

≪しそジュースの効能と効果≫

第一に女性に嬉しいダイエット効果などが挙げられます。
しそにはロズマリン酸が含まれており ロズマリン酸が血中の糖分増加を抑えるため 血糖値が上昇しにくくなりインシュリンが過剰に分泌されなくなるため 脂肪がつきにくくなります。

インシュリンが過剰に分泌されれば 血糖値の変動が激しくなって 脂肪がつきやすくなってしまうので それを防いでくれるわけですね^^

★他の効能としては
しそには殺菌や解毒作用があり これらは結果的に肌荒れや整腸に効果を発揮しますので便秘気味の方にもおすすめです。

便秘が改善されれば肌の調子が良くなると言われているので 美容にも効果があるということですね。

★また疲労回復効果もあります。
疲れた時はお酒の代わりに飲んでみると より健康的で良いかもしれませんね。

アンチエイジング(老化防止)
しそには“αーリノレン酸”という、老化を防ぐ“抗酸化物質”も豊富に含まれています。

抗酸化物質とは、
自ら酸化されやすい性質を持つことで、細胞の酸化を防ぎ、それに伴う老化も防いでくれる物質です。
また、αーリノレン酸には、アトピー性皮膚炎、花粉症など、アレルギー症状を和らげる効果もあります。

入れ歯は避けたい・・・歳をとっても丈夫な歯を残すためのセルフケアとは?

厚生労働省が推奨する「8020運動」をご存知ですか?

この運動は、80歳で自分の歯を20本以上残そう!という趣旨の運動です。

なぜ20本以上の歯を残したいのかというと、人間は20本以上歯があれば、ほぼ支障なく食事を楽しむことができると言われているからです。

何歳になっても自分の歯で食事を楽しみたいという気持ち、誰でも持っていますよね?

f:id:sukaten:20160815150459j:plain

良く噛むこと!

歳をとっても歯をできるだけ多く残すために何より大切なことは、しっかりと咀嚼すること。

「咀嚼」とは「よく噛む」ということです。

人間は、食べ物を食べたときに咀嚼をすることで口元の筋肉や骨格が発達しますが、歯を丈夫にするためにもこの「よく噛む」という行動はとても大切です。

最近は柔らかい食べ物が多くなり、若者のアゴが細くなっているという指摘もあるようですが、歳をとっても丈夫な歯でいるためには、よく噛むことを意識することが重要なのです。

ひと口につき30回を目安に噛みましょう。

普段の食事に、玄米や根菜類などのよく噛める食品を取り入れるのもおすすめです。

十分な栄養を摂る!

ダイエットで食事制限をしている女性も多くいますが、丈夫な歯を作るためにはバランス良く栄養を摂ることも大切です。

健康な歯を維持するためには、タンパク質、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンD、カルシウム、リンなど様々な栄養素が必要です。

これらの栄養を1日で全てまんべんなく摂取するのは難しいですが、数日~1週間単位などで栄養バランスを考えて調整してみてはいかがでしょうか。

「歯」だけでなく、骨や皮膚、内蔵など、人間の体は全て自分が食べた物で作られています。

好きなものだけを好きなように食べるのではなく、栄養バランスを少し意識してみるだけでも、将来の健康状態が変わってくるかもしれません。

デンタルフロスデンタルリンスを活用

歯ブラシだけの歯磨きでは、歯の奥や裏側、歯と歯の隙間までキレイに磨くことはなかなか難しいことをご存知ですか。虫歯が一番できやすい場所は、歯と歯の間です。この部分の磨き残しは虫歯の大きな原因となります。

また、虫歯と同じくらい危険なのが歯周病歯周病も、磨き残しの汚れによって発生します。例え虫歯がなくても、歯周病になると歯の根が溶けてしまい、最悪の場合は歯が抜けてしまったりするので、歯ぐきの健康にも注意しておきたいところです。

そこで活用したいのが、デンタルフロスデンタルリンスなどといった、歯ブラシ以外のデンタルケアグッズ。

特にフロスは、歯ブラシで届かない歯と歯の間の汚れを落とすのに活躍してくれます。デンタルリンスは虫歯や歯周病、口臭の予防に役立ちます。

歯ブラシと一緒にいろいろなデンタルグッズを併用して、虫歯や歯周病のリスクを減らしてみてはいかがでしょうか(歯科治療機器)。

健康で美しく年齢を重ねるためのデンタルケア

健康で美しい白い歯は、体の中も外も若々しく健康でいるために重要なポイントとなります。

歯は単に食べ物を噛み砕くだけの道具ではありません。歯の健康を保っていれば、それは体の健康につながります。

さらに、虫歯や歯周病のない状態にプラスして、美しい白い歯であれば、外見の若々しさを保つこともできます。

将来1本でも多くの自分の歯を残したいと考えているなら、セルフケアに力をいれることも大切ですが、より健康で美しく年齢を重ねるためには歯医者さんでの検診やホワイトニングを定期的に受けておくこともお勧めします(歯科 口腔内カメラ)。

健康で美しい白い歯で、8020を目指しましょう!!