歯が抜けた時に自分で行う応急処置

歯の抜けた箇所を止血する
歯が抜けた場合に血がでていたらまずは止血を行ってください。ガーゼなどで抜けた箇所を圧迫して血を止めてください。抜けた箇所に血が固まらないようにしましょう。

口内を清潔に保ち、悪化を防ぐ
軽くうがいをして、口の中を清潔に保つように心がけましょう。歯ブラシや爪楊枝などで歯が抜けた箇所を触ったりして、傷をつけないようにしましょう。感染症などを引き起こす可能性があります。(小型集塵機

f:id:sukaten:20180807172722j:plain

抜けた歯の対処法
口の中の応急処置を終えたら、抜けた歯もしっかり対処していきましょう。

まず、抜けた歯を水道水で20秒程度すすぐ。
抜けた箇所に、歯を差し込む。
抜けた歯に、砂や汚れが付着していたとしても、石鹸やアルコールなどを使わずに、流水で洗い流します。歯をガーゼなどで持って、抜けた歯の所に合わせるように差し込みましょう。元の位置に戻るようなら、その方法が一番いい応急処置です。(コンポジットレジン

 

歯並びは後天的に変わる

口呼吸の習慣
歯は「唇・舌・頬から加えられる圧力が等しい場所に位置する」と言われています。たとえば、前歯は「唇と舌」に押されています。唇は歯を内側に引っこめる方向に押し、舌は歯を外側に突き出すように押します。(虫歯診断装置

f:id:sukaten:20180517164125j:plain

舌癖による不正歯列
唇・舌・頬から加えられる圧力が等しい場所に歯が位置するなら、「舌で歯を過剰に押す」などの悪習慣で歯並びが悪化する恐れがあります。舌で内側から歯を押す癖があると、「内⇒外」の圧力が強まり、歯が移動するわけです。

顎が十分に発育していない
人間の骨格が成長するのは、だいたい14歳頃までになります。骨格が大きくなるということは、当然、顎の骨も成長するわけです。しかし、成長期にやわらかく歯ごたえのない食品ばかり食べていると、顎が十分に成長しません。結果、永久歯がきちんと並びきらない「小さな顎」になってしまいます。(根管拡大形成キット

口内炎を放置しておくと

口腔ガン
日本では年間6,000人もの人が口腔ガンにかかり、50%にあたる3,000人が死亡しているそうです。主な症状は、痛み、硬いしこり、腫れ、ただれ、出血などが挙げられます。

初期の段階では痛みはなく、痛みが出ている場合は、すでに進行している可能性があります。口腔ガンは、口腔外科で治療してもらえます。歯医者さんの中には口腔外科も診療科目としているところがあります。(歯科 バイブレーター

f:id:sukaten:20180301174737j:plain

白板症
粘膜の一部が白くなっているのが白板症の症状です。合わない詰め物による刺激、ブラッシングに力をかけすぎていることや、喫煙が原因です。長い間、同じ場所に刺激を与えると、細胞が悪性化し、ガンに発展する可能性があります。

ベーチェット病
ベーチェット病は全身の炎症性疾患です。腸や皮膚、神経、血管に症状が出る、慢性的な全身疾患で、症状が出たり収まったりを繰り返す病気です。この症状の1つとして、口内炎のようなものができることがあります。残念ながらベーチェット病の治療法を完治させる薬は開発されていません。(歯科矯正用製品

矯正中の痛みの原因

歯が動くときの痛み

矯正装置を付けると、歯根あたりにズーンとした歯が浮くような痛みを感じます。人によって痛みの感じ方は違うので、こうした表現で一括りにするのは適切ではないかもしれません。普段、何もしていない時に、痛みが生じたら、歯が動くことによる痛みだと考えてください。(歯科用口角鈎

食事中の痛み

矯正装置を付けた後や調整した後、歯が動くときの痛みがある際は、特に食事で咀嚼する時に、痛みを強く感じるものです。器具を装着しているのですから、日常生活での違和感は当然ありますが、食事中に痛むのは避けたいところですよね。

f:id:sukaten:20180124124255j:plain

装置の接触による口内炎

装置が口内に接触することで、口内炎になってしまう場合もあります。歯が動くこと自体の痛みではありませんが、いつも同じ所に口内炎ができたり、なかなか治らない場合には、装置が口内に接触する部分を改善することが可能です。(エアースケーラー

ほっぺたを噛んでしまう痛み

矯正装置を装着した直後など、装置に慣れず口内に違和感があると、思わずほっぺたを噛んでしまったりすることがあります。そこから口内炎になって痛むこともありますが、器具に慣れてくるにつれて、こうしたアクシデントは少なくなってくるはずです。