Cセット

鍋焼きラーメンに半チャーハンのセットです
鍋焼きラーメンもいろいろ種類がありましたが、今回は 鍋焼きラーメンにしました

f:id:sukaten:20170921125434j:plain

歯肉炎 治し方のポイント

歯ブラシは先端の細いものを選ぶ

歯肉炎の場合、歯と歯肉の境目や歯周ポケット近くまでできるだけ歯垢を落とす必要があります。そのため、毛先が歯肉の境目に入っていくよう先端が細いものが最適です。しかし、このタイプの歯ブラシは先端の細さゆえに歯の表面を磨く力が弱いので、密にブラシが植毛されているものを選びましょう。(動物用血圧計

 

f:id:sukaten:20170921124300j:plain

歯磨き粉は発泡剤不使用のものを選ぶ

歯磨き粉の多くには、爽快感を得るために強めのミントや発泡剤などを使用しています。こういった歯磨き粉を必要以上に多く使うことで、口の中が清涼感でいっぱいになってしまい、磨きが不完全でも磨いたつもりになってしまうことがあります。(ビデオ顕微鏡

日常習慣で歯がボロボロになる原因と解決策

歯に悪い癖を直す

食べること以外に歯を使うと歯を痛めやすくなります。下記に挙げた癖がある人は、歯をボロボロにする危険性がありますので気をつけましょう。(歯科根管機器

氷をガリガリ噛む
歯で糸を切る
ボトルの蓋を歯で開ける
ものを口でくわえる

f:id:sukaten:20170901122853j:plain

タバコを吸う習慣を見直す

タバコを吸う人は虫歯や歯周病になりやすく、治りづらいことも分かっています。喫煙者が歯を失う確率は、非喫煙者の約2〜3倍にのぼるケースがあるということが、「国立がん研究センター」の多目的コホート研究により報告されています。

歯ぎしりや食いしばりから歯を守る

寝ている間やストレスがかかったとき、歯をグッと噛みしめることがあります。誰にでも少しはありますが、過度に食いしばりがあると歯に大きな負担がかかり、歯槽骨が割れるなど歯をボロボロにする原因となることがあります。(手術用LED照明灯

歯ぎしりの場合は、通常噛む方向とは違う斜め方向などに強い力がかかるので、歯を痛めやすいのです。歯ぎしりや食いしばりの衝撃は、歯医者さんにある専用のマウスピースなどで軽減することができます。

外傷ではないのに歯が抜けてしまった場合の原因

天然の永久歯の場合

原因としては歯周病で歯を支えている骨がなくなってしまったことが考えられます。
対処法としては、歯を支えている骨がなければもう元に戻すことはできませんので、歯茎の治りを待って歯を補う治療法をいずれ行うことになります(ブリッジ、入れ歯、インプラント)。その間は見た目が気に成る部分であれば仮歯を作ってもらうと良いでしょう。(根管拡大形成キット

f:id:sukaten:20170811121445j:plain

差し歯の場合

歯が丸ごと抜けてしまった場合、これも歯周病からのものと考えてよいでしょう。
土台から抜けている場合、取れてしまった原因としては次のようなことが考えられます。(歯科用小型集塵機