歯周病治療

歯周病とはなんでしょうか?
歯周病とは、歯垢プラーク)の中の歯周病菌がハグキに炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です
痛みなどの自覚症状がなく進行するので、別名サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と呼ばれ、症状が進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因になります。(歯科ラボ機器


歯を失う最大の原因が歯周疾患であるということから、歯周疾患を治療・予防することが、歯を失わない質の高い人生への最大の手助けになると考えます。

歯周病にかかっている人は成人の約8割
歯肉炎・歯周炎(歯周病)の有病者率
現在、日本では30歳代の約8割が歯周病にかかっていると言われ、
「35歳以上の約70%が、むし歯ではなく、歯周病が原因で歯を失っている」と報告されています。

歯を失う原因は「歯周病」が一番
日本で歯を失う最大の原因は、歯周病という結果がでています。
また、20歳代までは虫歯だったものが、30歳を過ぎたころから、歯周病に取って代わります。

主な症状  (歯科診療ユニット
歯肉が赤く腫れる
歯肉に違和感を感じる
口臭がある
ブラッシング時の出血
起床時口の中がネバネバする
歯肉から膿が出る
歯がグラグラする(硬いものが食べづらい)
歯が伸びたような見た目になる
歯と歯の間に隙間ができて物が詰まりやすくなる

f:id:sukaten:20191106125747j:plain

 

犬、猫の歯周病、口臭予防について

犬や猫も人間と同様に、歯周病になりやすい事をご存じでしょうか。

実は、3歳以上の大人の犬や猫は、その80%が歯周病もしくは、そのリスクがあり、さらに体重の軽い小型犬や猫の90%が、1歳までに歯周病にかかっているとも言われています。


また、犬や猫も人間と同様に、歯周病が心臓や肝臓などの重い病気を引き起こす原因になってしまう事があるため、歯周病が寿命に影響を与えてしまう事も少なくありません。

 

犬や猫は歯周病になりやすい(動物用超音波画像診断装置
人間の口の中は、中性から酸性状態なので、酸性を好む虫歯菌が繁殖しやすく虫歯にもなりやすいのですが、犬や猫の口の中は、元々アルカリ性のため、虫歯にはなりにくいと言われています。

しかし、その代わりに犬や猫は歯垢がたまりやすく、3~5日間歯磨きをしないと、歯垢が硬い歯石に変わってしまいます。

この歯垢や歯石には、歯周病菌が潜んでいるため、そのまま放置すると歯周病になってしまいます。

そして歯周病になってしまうと、歯茎が腫れて出血するのはもちろんの事、ひどくなると歯茎から膿が出たり、歯の根元が溶けて痛みが出る、強い口臭がする、歯が抜け落ちるなどの症状が現れます。


犬や猫の歯周病は寿命を短くする事も
最近の研究で、人の歯周病が糖尿病や心臓病、動脈硬化など、全身の病気を引き起こす原因になっている事は、かなり知られてきました。

それと同様に、犬や猫の歯周病も口の中だけの症状にとどまらず、歯周病菌が血液に流れ込んで、心臓や肝臓、腎臓などに影響を及ぼし、慢性心不全や慢性腎不全を引き起こす一因になるとも言われています。

そして、身体の小さい犬や猫が、それらの重い病気にかかってしまうと、完治させるのは難しく、結果として寿命を短くしてしまう事も少なくありません。


犬や猫の歯周病治療が出来ない場合もある(動物用生体情報モニター
犬や猫の歯周病治療は、私たち人間と同様、主に溜まった歯石を取り除く治療になりますが、人間とは比べものにならないほど大変です。

というのも、犬や猫の歯石取りは、歯石が多い場合には、動物病院で全身麻酔で行う必要があるからです。

しかし元々、身体の小さな犬や猫には、全身麻酔自体が身体に負担をかけてしまいます。

そのため、高齢だったり、病気がある犬や猫の場合には、命の危険も伴うため、実際には全身麻酔が出来ないために、歯周病治療を諦めざるを得ない場合も少なくありません。


犬や猫の歯磨きは難しい
前記のように、犬や猫は3~5日間歯磨きをしないと、歯垢が硬い歯石に変わってしまい、歯周病になってしまう可能性が高くなります。

また、一旦歯垢が歯石になってしまうと、歯磨きで歯石を取る事が困難なため、全身麻酔で歯石取りを行う必要も出てきます。

そのため、犬や猫の歯周病予防には、私たち人間と同じように、毎日の歯磨きが大切です。

しかし、実際には、犬や猫は小さい口の中に密に歯が生えているのと、歯磨きを嫌がる犬や猫も多いため、歯磨きで完全に歯垢を取るのは、かなり困難な作業になります。

ペリオトリート殺菌水が犬や猫の歯周病予防に効果的
犬猫歯周病口臭予防に効果的な殺菌水
ペリオトリートは、口の中の歯垢歯周病菌、虫歯菌をほぼ完全に分解殺菌することが出来る口腔洗口液ですが、犬や猫の歯周病や口臭予防にも効果的です。

というのも、ペリオトリートは、タンパク質で出来ている歯垢を分解殺菌する(溶かす)事ができるため、比較的簡単に、犬や猫の歯垢を除去する事ができるからです。

 

犬猫歯周病口臭予防簡単
実際には、歯ブラシやガーゼにぺリオトリートを浸して歯磨きを行えば、人間に使用した時と同じく、歯垢が完全に分解殺菌されますので、歯石が溜まりにくくなり、犬や猫の歯周病予防が効果的に行え、口臭予防にもなります。

根管診療の流れ

1.術前にX線写真を撮る
根管診療中で、根管診療術前にX線診断照射撮影装置X線画像を撮ることは、医者の診断に役立ち、髄室の位置と根管数目及び形態を知り、根管操作長さを測量し、今後再診と評価効果ために対比の証拠を提供することができる。

2.髄腔を開く
歯科用ハンドピースで腐食物と充填物を洗浄し、髄腔の底部を清潔し、まるの髄腔の底部解剖仕組みを見えてうまく診療ができる。

3.根管の長さを確認する
x線から平行に照射される方法によって、根管長測定器で根管長さを確認し、またはファイルを挿入してx線が画像を撮る。

4.根管予備
根管清浄の原因は根管管壁の中で感染物を清浄する。根管機械を通して、感染されるエナメル質を切削すると根管管壁の細菌を除去し、根管充填をすることに役立つ。

5.根管の洗い流し、消毒
根管の洗い流しの目的は微生物を除去し、残渣を流し、根管機械を潤滑すると有機な残渣を熔解し、次に根管を消毒している。

6.根管充填
すべての根管システム密封することはできるだけ主根管と側副根管出口を詰め、微生物と液体のリークを防止する。側方加圧法であれ垂直加圧法であれ、根管充填を密封すべきだ。根管充填を終わったら、x線画像に根管隙間がなく、根尖孔も超えない。

7. 根管土台の築造
歯体はひどい欠損があるので、歯の強さが大幅に下降し、咀嚼の力をよく受けない。土台の目的は歯面の充填物また歯冠の安定性を高めることができる。

8.歯体に修復を完成する
X線画像は根管充填に表示されてから暫時また永久性な歯体修復をし、歯冠をつけ、悪い歯を保護している。ここまで、根管診療が終わった。同時に診療のあとで、再診ために、x線画像を撮ることが必要があり、周期は3ヶ月、半年、1年、2年またより長い。


出典:根管診療の流れ

歯ぎしりで歯を失う人が増加 神経抜いていたら要注意

寝ている間の歯ぎしりや気づかぬうちの食いしばりが、歯が折れる「破折(はせつ)」の原因になることがある。歯に繰り返し過度な力がかかっているためだ。虫歯や歯周病で歯を失う人が減っている一方、この破折による抜歯が増えている。

 

睡眠中にキリキリと歯をこすり合わせる「歯ぎしり」、知らないうちに歯をかみしめている「食いしばり」。これらは総称して「ブラキシズム」と呼ばれ、歯が折れる一因になっている。

f:id:sukaten:20190925171735j:plain


破折は、歯周病、虫歯に次いで歯を失う原因の3位。破折の多くが、歯の根っこにひびが入って折れてしまう「歯根破折(しこんはせつ)」だ。最近増えており、30代、40代も例外ではない。(歯科診療ユニット

 

歯根破折の原因は、歯ぎしりや食いしばりなどで歯に過度な力がかかることだ。5~15%の人が睡眠中に歯ぎしりをしている。歯ぎしりをすると歯に体重以上の大きな力がかかることもある。それが日常的に繰り返されることで歯根部にひびが入り、やがて折れてしまう。他にも、硬いものをよく食べる人や早食いをする人も、かむ力が強くなりすぎて歯が折れるリスクが上がる。

 

また虫歯の治療で神経を抜いている歯も要注意。神経を取ると歯自体が弱くなるからだ。「神経を取った後、歯の中に金属芯を入れて差し歯にしている人も多い。金属は硬すぎるため、かんだ力が歯根に均等に分散せず、特定の場所に集中する。(根管長測定器)

f:id:sukaten:20190925171739j:plain

 

ホワイトニングの簡単な問題と回答について

ホワンとニングは何だか?
ホワイトニングは化学酸化性漂白薬物が歯の表面と内部に置いて、歯と化学反応を起こして歯の本色が白くなる。またはものが歯の表面をつけて歯の本色を覆って、歯も白くなる。ホワイトニングの方法は冷光ホワイトニングやレーザーホワイトニング、ホワイトニングストリップなどがある。

 

もし、快速に美白効果を達したいが、例えば来週が私は結婚式を参加して、どうすればいい?
歯が快速に白くなりたくて、歯科診療所でホワイトニングという診療を受ける。この診療はホワイトニング照射器を通して快速に歯を白けさせる。だが、ホワイトニングストリップを使われば、一般的に二週間を経って、明確な効果がある。

 

敏感な歯を持っているから、ホワイトニングを行うことができるのか?
あなたが早めにお医者さんに聞いて、一般的にお医者さんは脱感作の措置をとる。症状が厳しくなれば、美白時間を縮んで、診療を中止するか止める。

 

以前は歯科診療をした、ホワイトニングを行うことができるのか?
以前の診療を決める。ホワイトニングは歯のクラウン、貼り付け、加重剤を適切しない。変色な歯はや薬物また損傷を引き起こしたら、美白効果が悪い。早めに歯科医師を聞いてください。歯科医師はあなたのために判断と諮問を提供する。

 

私の歯茎が疾病があれば、ホワイニングを行うことができるのか?
ホワイニングを行う前に良好な口腔健康を保つことをアドバイスする。歯茎疾病はホワイトニング機器を照射する過程で歯茎疾病を刺激して加重するかもしれない。歯茎疾病を治してからホワイニングを行うことをおすすめさせていただきる。

 

出典: ホワイトニングの簡単な問題と回答について

一般人より歯に気を遣っているのになぜ? アスリートは虫歯が多いことが判明

約半数のアスリートは虫歯持ち
レーニング前後のケアから食事、睡眠まで、身体のことに人一倍気を配り、万全の体制で試合に望むのがアスリートたちです。でも身体への気遣いがあるのに、一般人よりもアスリートの方が口内環境が悪いという研究内容が最近発表されたんです。アスリートは虫歯が多い理由とは何なのでしょうか?

 

今年8月にロンドン大学イーストマン歯科研究所の研究者が「ブリティッシュ・デンタル・ジャーナル」に発表した研究結果をご紹介しましょう。この研究ではオリンピック選手を含め、サイクリング、競泳、ラグビー、サッカーなど11の競技のアスリート352人を対象に、歯科検診やオーラルケアに関する聞き取り調査を行いました。

 

その結果、49.1%に未治療の虫歯があり、多くに初期の歯肉炎が見られ、さらに32%は口内の健康状態がトレーニングや競技のパフォーマンスに悪影響を及ぼしたと結論づけたのです。(口腔内カメラ

しかし歯の健康状態が悪いからといって、アスリートたちが歯磨きなどの普段のオーラルケアをサボっているわけでは決してない様子。1日に2回以上歯を磨く人は、一般人では75%に対してアスリートは94%、フロスを行っている人は一般人では21%なのにアスリートは44%と、アスリートの方が一般人よりもオーラルケアを積極的に行っているのです。

 

アスリートに虫歯ができやすい理由は?
では、歯磨きやフロスなど普段から歯のケアをまじめに行っているのに、なぜアスリートには虫歯や歯肉炎の人が多いのでしょうか? この調査を行った研究者たちは、アスリートがトレーニングや競技中に摂取しているスポーツドリンクやエナジーバーなどに注目しています。今回の調査でアスリートの87%がスポーツドリンクを普段から飲み、59%がエナジーバーを食べ、70%がエナジージェルを飲んでいると回答しています。これらには糖分や酸が多く含まれ、それによって歯にダメージを及ぼしているものと見られるのです。(歯科診療ユニット

 

さらにトレーニングに集中して、口の中が乾いた状態となることも虫歯などのリスクを高めている要因のひとつと考えられるそうです。

今回の調査で、普段からオーラルケアを行っているのにアスリートには虫歯や歯肉炎などが多く発見されましたが、彼らはフッ素入りのマウスウォッシュを使用するほか、歯科検診を頻繁に受けたり、スポーツドリンクの摂取量を減らしたりして、オーラルヘルスの見直しを図っているとのこと。

トップアスリートではなくても、普段からスポーツを行ってスポーツドリンクなどを愛用している方は、歯の健康チェックを行ってみてもいいのかもしれませんね。

 

ホワイトニングの知識について

スケーラーは常用の1つのホワイトニングの手段であれ、上場以來、広さの人々に支持され、伝統な医学ホワイトニングである。もしあなたの歯は白くなく、スケーラーをしたがるなら、絶対にスケーラーに関する知識を知してから決定をする。例えばスケーラー、ホワイトニング、スケーラーの後遺症、スケーラーの注意事項のようにある。

スケーラーは歯茎スケーラー術とも呼ばれる。それはスケーラー機械を利用する歯茎上の歯石やプラークや歯面に沈着する色素を除き、歯面を研磨し、プラークと歯石の沈着を防止するため。

適応対象と禁忌対象:

1.適応対象
a.歯茎炎、歯周炎:多くの慢性な歯茎炎が癒やすことができる。
b.予防性診療
c.口腔及び他の診療前の準備:例えば、矯正診療の前や診療期間や顎関節を切除手術などがある。

2.禁忌対象
a.肝炎や肺結核エイズなどの伝染性疾病を罹る患者
b.セラミック製のインプラント

 

技術と方法
超音波スケーラーは常用なスケーラー機械である。超音波スケーラーは大切りの歯石を除くことに時間と労働力が節約できる。診療時に、超音波スケーラーは歯面が一定な角度で傾いたり平行したり移動し、超音波を利用し、歯石を粉砕し、剥げることができる。診療した、歯面が粗糙やスクラッチがあれば、歯面清掃用ハンドピースで歯面に研磨している。研磨してから歯と歯の隙間に洗い流すのは必要がある。

 

リスクと合併症
1.象牙質敏感:これは多くの患者は歯石とプラークを除いた合併症である。特に歯頸部では歴然だ。正確なスケーラーの操作は象牙質の敏感症を減らすことができる。
2.菌血症:研磨器の回転は歯茎組織に損傷をしてい、菌血症をもたらすかもしれない。発見すると、即刻に診療すべきだ。

 

注意事項
1.診療前に、1分ぐらいで3%の過酸化水素液また0.12%「氯已定」を含嗽しなければならない。そうすれば、噴霧中で細菌の数量を減らし、菌血症を防止することができる。

2.診療した24時内で、冷たくて熱い飲料やお茶、コーヒーやコーラやワインやベリーなどの飲料を飲まなく、有色な歯磨きやウスウォッシュなど濃い食物など食べない。同時にタバコを吸わない。


出典: ホワイトニングの知識について