ホワイトニングに関するよくある質問

f:id:sukaten:20200110182143j:plain

Q.どうやって歯を白くするのですか?

A.歯科医院で天然の歯を白くする方法には3つあります。1つはクリーニングによって歯の着色を取る方法で、ステインや歯の汚れを特殊な機械で落とすことで白くします。

ホワイトニング照射器)

2つ目は歯に染み付いた着色を取る方法で、簡単に言うと薬剤による漂白効果を使って白くします。

3つ目はエナメル質を曇りガラスのような状態にして白くする方法です。例えばガラスに傷をつければ白の線が着くのを想像してみてください。それを歯の透明な部分に行うというやり方だです。1のみで満足する方もおられますし、2・3で本格的に白くする方もおられます。

Q.ホワイトニングは身体に害のあるものではないですか?

A.ホワイトニングに使用する薬剤は、過酸化水素・過酸化尿素が主成分となります。これは、濃度が濃ければやけどの恐れなどがありますが、歯科で使用するものはオフィスホワイトニングで、過酸化水素35%程度、ホームホワイトニングでは過酸化尿素が10%以下と人体に安全な濃度を保っています。(ホワイトニング機器

しかし、特に濃度の濃いオフィスホワイトニングは、歯肉や唇を保護して行わないとただれることもあります。そのため、衛生士によるマスキングを行った上で薬剤の塗布、光の照射を行います。

 

Q.ホワイトニング後、白さを保つために出来ることはありますか?

A.コーヒー・カレー・ワインなど、着色性の強い食物を控えたり、喫煙習慣をやめることは白さをキープする要因になります。しかし、日常生活上全く断つことは難しいと思いますので、定期的(3〜4ヶ月に1度程度)歯のクリーニングにお越し頂ければ、着色を落とすことで効果を保つお手伝いが出来ます。

また、色が気になり始めた頃に、ホームホワイトニングを再開することでもう一度白さを取り戻すことも可能です。

ホワイトニングプランの種類の比較について

短時間で白くするオフィスホワイトニング

歯医者さんで行うオフィスホワイトニングでは、高濃度の過酸化水素を扱える上に、漂白する反応を高めるための強いライトなどを照射する設備があるなど、即効性の高いホワイトニングを受けることができます。(ホワイトニング照射器

最初のカウンセリングから歯のチェックやクリーニング、施術まで、トータルでおまかせできるので安心です。もっとも短時間の施術で白さを実感できるホワイトニングが可能ですが、その一方で、白さの後戻りが早かったりというデメリットもあります。

【メリット】

  • 施術の直後に白さを実感できる
  • ホワイトニングの手間がかからない
  • 事前の適確なチェックやクリーニング後にホワイトニングできる
  • 歯医者さんによる安全でムラのない施術ができる

【効果の目安】
1回の施術で2段階から6段階アップ
※歯の白さを示すシェードガイドを基準とした白さアップの目安で、その効果に個人差があります(以下同)

【デメリット】

  • 薬剤によって痛みが生じる場合がある
  • 施術後に知覚過敏になることもある
  • 比較的後戻りが早い(半年から10ヶ月程度)
  • 費用がかかる

自分でじっくり白くするホームホワイトニング

歯医者さんで提供されるマウスピースと薬剤、あるいはネット通販で自分で入手したキットを使って自分で行います。ホームホワイトニングの薬剤は主に過酸化尿素を漂白成分としています。

過酸化尿素は低濃度の過酸化水素に分解されるものなので、毎日薬剤を塗布したマウスピースを装着する必要があり、少々手間がかかります。日ごとにじっくりと薬剤を浸透させることができるため、自然な白さに仕上がり、最終的な白さも大きくアップできます。

【メリット】

  • 自然でより白い歯を実現可能
  • 薬剤の刺激や痛みが少ない
  • 施術後の知覚過敏になりにくい
  • 後戻りしにくい
  • 比較的リーズナブル
  • 理想の白さになるまで継続できる

【効果の目安】
毎日2時間?2週間継続で白さが4段階程度アップ

【デメリット】

  • 効果の実感に時間がかかる(2週間から1ヶ月程度)
  • 毎日の継続に手間と時間がかかる
  • 日々のホワイトニング後は食事制限が必要
  • 事前の歯のクリーニングを徹底しにくい
  • ムラが出たり的確な施術ができないこともある

より白く長持ちするデュアルホワイトニング (ホワイトニング機器

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用し、そのメリットを高め、デメリットを補う、究極のホワイトニングとも言えるのが、デュアルホワイトニングです。

最初に、オフィスホワイトニングで実感できる白さを実現した後、自分でホームホワイトニングのフォローをするものです。これにより、後戻りを抑えたり、じっくりと薬剤を浸透させることができ、オフィスホワイトニング単独の施術よりも、より白さをアップできます。

【メリット】

  • 白さを短時間で実感できる
  • 後戻りしにくい
  • もっとも白くできる

【効果の目安】
1回目のオフィスホワイトニングで3から6段階
その後のホームホワイトニングで1から2段階

【デメリット】

  • 痛みが出る場合がある
  • 費用がかかるホワイトニング
  • 後の食事制限がある

低刺激で手軽なセルフホワイトニング

歯医者さんの在籍しないホワイトニングサロンで行うものをセルフホワイトニングといいます。歯科医師や歯科衛生士以外は、口内に触れるような施術ができないため、自分で行うことになります。

また、前述した通り薬剤は過酸化水素を扱えないため、市販のホワイトニング歯磨き粉などにも使われているポリリン酸などが主な薬剤となり、漂白ではなく歯の表面のステインを落とすことが主体になります。歯のステインが内部に沈着しないためのメンテナンス向きです。

【メリット】

  • 痛みが少ないホワイトニング
  • 後の食事制限がない
  • ステインを落とすことができる
  • 費用が安い

【効果の目安】
およそ1段階から3段階アップ
※ステインを落とすだけなので、ステインの程度にもよります。

【デメリット】

  • 通院と自分で施術する手間がかかる
  • 沈着した汚れの漂白ができない

光重合照射器の光源と作用特性

1.照射の強さと均質性
充足といい加減な照射の強さは樹脂単体から十分に転化され、樹脂が理想な物理性能を得る前提である。一般的には、照射の強さが高いほど固化も充分だが、新型歯科LED照射器の照射強さもう5000mW/cm2を超えている。高強度な照射は光源が歯の仕組みを通す光のエネルギーの損失を償うことができる。しかし、照射の強さが高すぎるなら、樹脂の硬さが下がたあげいて、重合に縮むされることを促進して、窩洞と樹脂界面が貼り付くできなく、微滲出を発生している。

2. スペクトルの範囲
カンフルキノンを光始発剤とすることは口腔樹脂材料中で広く応用される。しかし、漂白しにくて有色なグループは樹脂が黄色になり、美観に影響している;峰位に吸収される可視光線の区域(470nm)で、自然光線のもとで快速に重合しているから、医者には操作に約立たない。それに比べると、新型光始発剤のアシルラジカルホスフィン酸化物(TPO)とフェニルケトン(PPD)の色彩安定性がよりよくて、樹脂が黄ばむ現象を避ける。新型光始発剤の吸収波長は380~425nmにあって、主要では紫外光から可視光線まで範囲にある。

光始発剤の光吸収の過程は光化学の反応効率が高められる根本である。だから適切な光重合照射器の選択にはスペクトルの範囲で光始発剤の光吸収スペクトルに覆われることが重要だ。単峰な光重合照射器のスペクトルの範囲は420~490nmである。それはCQの吸収スペクトルに適う。ツィンミネまた広いスペクトルの新型LED光重合照射器(385~515nm)は新型光始発剤に適する。だから、すべての複合な樹脂が青光り(400~490nm)で充分に重合される。

3.照射の距離と作用角度
照射の強度は空気中で照射距離の増加に伴って対数減衰していくため、樹脂表面とランプソケットの距離あるいは傾く角度が大きくなるのに伴って、照射の強度も明らかに下げる、相関な研究テストによって、光重合照射器は樹脂が異なる距離から光のエネルギーに到着される時間が16J/cm2にある。距離が遠いほど到着できる光のエネルギーが少なくて、16J/cm2に達するの時間も長い。実は、光重合照射器のランプソケットは複合な樹脂と直接に接触できることが一番理想な状態であるが、臨床操作中で実現しにくい。歯先の高度、斜度と窩洞の深度などのような要因は光重合照射器のランプソケットと複合な樹脂の距離がに増加させる。そのため、ランプソケットと樹脂の距離にはいかにして最大限度に短縮だか?これは設備と臨床訓練にだんだん改善することが必要である。

4.照射時間
臨床で、最大限度に転化率を高めると単体溶出を減少することは固化時間を加えるの通して実現していく。現在で、市場の複合樹脂の説明書には、照射時間が20~40sにあるときに、溶出する物質の数量を減少するできるだけ。実は、光重合照射器のメーカーは往々「理想病例」にもとづいて、照射時間をすすめる。しかし、臨床な場合の複雑性に無視して、メーカーの照射時間は単一で実際より短いべきだ。照射時間は推薦時間の10~20sを超えば、樹脂のマイクロ硬度と単体転化率に積極的に影響する。照射時間は2.6sと5.7sでは標準が達できないだけでなく、10sを超えると47%の以上の単体転化率が得られる。それによって、照射時間と推薦値を参考するのはほかに、具体的な臨床場合を考えるべきで、樹脂が不完全に固化されない。

5.固化模式
光重合照射器の常用な固化模式は軟起動模式、連続式模式や踏段式模式やパルク遅延式模式やハイライト模式などがある。固化過程中で、樹脂単体が互いに反応して、分子とともに密集に堆積し、最後で複雑的な長い重合チェーンを形成している。これは樹脂の総体積が小さくなって、重合収縮が生じることも樹脂材料の主な欠点である。重合する段階でゲル点があるので、複合な樹脂は粘着性な流体として、プレゲル段階で部分な張力が放出できて、ゲル点のあとで硬い状態を転化していて、充分な流動性がなくて張力を放出する。
軟起動模式はまず低照射強度でしばらく(5s)照射し、次に、高照射強度で照射していることに表示される。こんな方式はプレゲル時間によって、一層張力を放出して、単体の転化の速度と重合から引き起こす収縮応力を下げて、ゲル点に到着する時間から緩められて、十分な時間で樹脂そのもの流動性を利用して重合反応で体積収縮を償う。

 

出典: 光重合照射器の光源と作用特性

歯科インプラント

インプラント治療よりも優れた、歯の再生医療に期待したい。

歯科用インプラント装置)
トラブル絶えない「歯科インプラント」 患者が減り、このままでは「日本から消える」? 天然の歯と同じように噛むことができる、見た目が自然に近いなどとして、日本でもブームとなった「歯科インプラント治療」。 しかしトラブルも相次いでおり、患者数が激減、このままでは日本から消えてしまうという見方さえ出ている。

f:id:sukaten:20191127124508j:plain

■「炎症おさまらない」「手術後大量出血」トラブル絶えず 歯科インプラント治療とは、チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込み、それを土台として人工の歯を作製するというものだ。入れ歯と違い動くことがなく、より自然な歯の状態に近付いという特徴がある。日本では1980年代後半からインプラントの開発が進められ、2007年からは治療従事者への認定制度もスタートし、一般に認知されるようになった。

 

しかし治療を受ける人が増えるのに伴い、トラブルも増加した。国民生活センターは2011年12月、歯科インプラント治療によるトラブルの報告が06年度以降の約5年間で343件寄せられ、増加傾向にあると発表した。具体的には、「土台を入れて5か月経っても炎症が治まらず、抗生物質を服用し続け、精神的に参っている」、「手術の数日後大量出血したうえ、3年間も治療が終わらない。転院も認めてくれない」、「1か月で治療は終了したがゆるんで痛く、うまく噛めない」などの事例が寄せられたという。報告には「インターネット広告やホームページ、折り込み広告を見て歯科に出向いた」と書かれているものが多いが、その広告も「国内No.1の低価格」「99.9%治しきる」「開業○周年還元セール実施中!」と、虚偽や誇大、費用を強調するなど、とても医療の広告とは思えないような文章が並んでいることが明らかになった。

 

さらに2012年1月、NHKの「クローズアップ現代」でも歯科インプラント治療のトラブルが急増している、という特集が放送された。番組では、70代女性が治療直後に右の唇からあごにかけてしびれて感覚がなくなり、物を食べると手を添えなければこぼれる、無意識に唇を噛み度々出血する、という例、男性が抜く必要のない歯まで抜かれ、結局手術は失敗し500万円を無駄にした、というケースが放送された。(歯科レントゲン

 

歯科医をしていますがインプラント自由診療で値段は医師の自由、しかもせいぜい10年くらいしか持ちません。また3ケ月に1度くらいはケアチェックが必要で、とてもお勧めできません。今後、技術が進展し、半永久的に使える位になれば別ですが。

歯周病治療

歯周病とはなんでしょうか?
歯周病とは、歯垢プラーク)の中の歯周病菌がハグキに炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です
痛みなどの自覚症状がなく進行するので、別名サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と呼ばれ、症状が進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因になります。(歯科ラボ機器


歯を失う最大の原因が歯周疾患であるということから、歯周疾患を治療・予防することが、歯を失わない質の高い人生への最大の手助けになると考えます。

歯周病にかかっている人は成人の約8割
歯肉炎・歯周炎(歯周病)の有病者率
現在、日本では30歳代の約8割が歯周病にかかっていると言われ、
「35歳以上の約70%が、むし歯ではなく、歯周病が原因で歯を失っている」と報告されています。

歯を失う原因は「歯周病」が一番
日本で歯を失う最大の原因は、歯周病という結果がでています。
また、20歳代までは虫歯だったものが、30歳を過ぎたころから、歯周病に取って代わります。

主な症状  (歯科診療ユニット
歯肉が赤く腫れる
歯肉に違和感を感じる
口臭がある
ブラッシング時の出血
起床時口の中がネバネバする
歯肉から膿が出る
歯がグラグラする(硬いものが食べづらい)
歯が伸びたような見た目になる
歯と歯の間に隙間ができて物が詰まりやすくなる

f:id:sukaten:20191106125747j:plain

 

犬、猫の歯周病、口臭予防について

犬や猫も人間と同様に、歯周病になりやすい事をご存じでしょうか。

実は、3歳以上の大人の犬や猫は、その80%が歯周病もしくは、そのリスクがあり、さらに体重の軽い小型犬や猫の90%が、1歳までに歯周病にかかっているとも言われています。


また、犬や猫も人間と同様に、歯周病が心臓や肝臓などの重い病気を引き起こす原因になってしまう事があるため、歯周病が寿命に影響を与えてしまう事も少なくありません。

 

犬や猫は歯周病になりやすい(動物用超音波画像診断装置
人間の口の中は、中性から酸性状態なので、酸性を好む虫歯菌が繁殖しやすく虫歯にもなりやすいのですが、犬や猫の口の中は、元々アルカリ性のため、虫歯にはなりにくいと言われています。

しかし、その代わりに犬や猫は歯垢がたまりやすく、3~5日間歯磨きをしないと、歯垢が硬い歯石に変わってしまいます。

この歯垢や歯石には、歯周病菌が潜んでいるため、そのまま放置すると歯周病になってしまいます。

そして歯周病になってしまうと、歯茎が腫れて出血するのはもちろんの事、ひどくなると歯茎から膿が出たり、歯の根元が溶けて痛みが出る、強い口臭がする、歯が抜け落ちるなどの症状が現れます。


犬や猫の歯周病は寿命を短くする事も
最近の研究で、人の歯周病が糖尿病や心臓病、動脈硬化など、全身の病気を引き起こす原因になっている事は、かなり知られてきました。

それと同様に、犬や猫の歯周病も口の中だけの症状にとどまらず、歯周病菌が血液に流れ込んで、心臓や肝臓、腎臓などに影響を及ぼし、慢性心不全や慢性腎不全を引き起こす一因になるとも言われています。

そして、身体の小さい犬や猫が、それらの重い病気にかかってしまうと、完治させるのは難しく、結果として寿命を短くしてしまう事も少なくありません。


犬や猫の歯周病治療が出来ない場合もある(動物用生体情報モニター
犬や猫の歯周病治療は、私たち人間と同様、主に溜まった歯石を取り除く治療になりますが、人間とは比べものにならないほど大変です。

というのも、犬や猫の歯石取りは、歯石が多い場合には、動物病院で全身麻酔で行う必要があるからです。

しかし元々、身体の小さな犬や猫には、全身麻酔自体が身体に負担をかけてしまいます。

そのため、高齢だったり、病気がある犬や猫の場合には、命の危険も伴うため、実際には全身麻酔が出来ないために、歯周病治療を諦めざるを得ない場合も少なくありません。


犬や猫の歯磨きは難しい
前記のように、犬や猫は3~5日間歯磨きをしないと、歯垢が硬い歯石に変わってしまい、歯周病になってしまう可能性が高くなります。

また、一旦歯垢が歯石になってしまうと、歯磨きで歯石を取る事が困難なため、全身麻酔で歯石取りを行う必要も出てきます。

そのため、犬や猫の歯周病予防には、私たち人間と同じように、毎日の歯磨きが大切です。

しかし、実際には、犬や猫は小さい口の中に密に歯が生えているのと、歯磨きを嫌がる犬や猫も多いため、歯磨きで完全に歯垢を取るのは、かなり困難な作業になります。

ペリオトリート殺菌水が犬や猫の歯周病予防に効果的
犬猫歯周病口臭予防に効果的な殺菌水
ペリオトリートは、口の中の歯垢歯周病菌、虫歯菌をほぼ完全に分解殺菌することが出来る口腔洗口液ですが、犬や猫の歯周病や口臭予防にも効果的です。

というのも、ペリオトリートは、タンパク質で出来ている歯垢を分解殺菌する(溶かす)事ができるため、比較的簡単に、犬や猫の歯垢を除去する事ができるからです。

 

犬猫歯周病口臭予防簡単
実際には、歯ブラシやガーゼにぺリオトリートを浸して歯磨きを行えば、人間に使用した時と同じく、歯垢が完全に分解殺菌されますので、歯石が溜まりにくくなり、犬や猫の歯周病予防が効果的に行え、口臭予防にもなります。

根管診療の流れ

1.術前にX線写真を撮る
根管診療中で、根管診療術前にX線診断照射撮影装置X線画像を撮ることは、医者の診断に役立ち、髄室の位置と根管数目及び形態を知り、根管操作長さを測量し、今後再診と評価効果ために対比の証拠を提供することができる。

2.髄腔を開く
歯科用ハンドピースで腐食物と充填物を洗浄し、髄腔の底部を清潔し、まるの髄腔の底部解剖仕組みを見えてうまく診療ができる。

3.根管の長さを確認する
x線から平行に照射される方法によって、根管長測定器で根管長さを確認し、またはファイルを挿入してx線が画像を撮る。

4.根管予備
根管清浄の原因は根管管壁の中で感染物を清浄する。根管機械を通して、感染されるエナメル質を切削すると根管管壁の細菌を除去し、根管充填をすることに役立つ。

5.根管の洗い流し、消毒
根管の洗い流しの目的は微生物を除去し、残渣を流し、根管機械を潤滑すると有機な残渣を熔解し、次に根管を消毒している。

6.根管充填
すべての根管システム密封することはできるだけ主根管と側副根管出口を詰め、微生物と液体のリークを防止する。側方加圧法であれ垂直加圧法であれ、根管充填を密封すべきだ。根管充填を終わったら、x線画像に根管隙間がなく、根尖孔も超えない。

7. 根管土台の築造
歯体はひどい欠損があるので、歯の強さが大幅に下降し、咀嚼の力をよく受けない。土台の目的は歯面の充填物また歯冠の安定性を高めることができる。

8.歯体に修復を完成する
X線画像は根管充填に表示されてから暫時また永久性な歯体修復をし、歯冠をつけ、悪い歯を保護している。ここまで、根管診療が終わった。同時に診療のあとで、再診ために、x線画像を撮ることが必要があり、周期は3ヶ月、半年、1年、2年またより長い。


出典:根管診療の流れ